ダイソンDC74も良いけどDC62を購入された方が満足できる場合もあります

ダイソンコードレススティッククリーナー購入でDC74かDC62悩んだら

ダイソンDC74購入前に知っておきたい欠点とは?DC62も検討してみよう!!

ダイソン最新モデルのコードレススティククリーナーDC74が発売されてから
人気モデルもDC62からDC74へと移行し始めてます。

 

 

 

でも、DC62よりもDC74の方が性能的に優れているのでしょうかね!
現在のダイソンクリーナー最新価格では2万円ほど価格差がありますが、
この差額以上のメリットがDC74にあるなら即決しても問題ないと言えます。

 

しかし、その差額ほどのメリットが見込めないのでしたら
敢えて高額なモデルを購入する理由にはなりませんよね!?

 

 

 

 

実際に購入された方の口コミ情報や管理人が家電量販店で実機を試して見た感想から
現在の価格差が適切なのかを見極めて見ることとします。

 

 

 

 

 

DC62との価格差以上のメリットがDC74には見当たらない!?

 

フェルト素材の新型ヘッドを搭載したダイソン最新スティククリーナーDC74は
小さな埃から大きなゴミまでを同時に吸い取る事を可能にした画期的なヘッドにより
ペットを飼われている方々からは猫砂やドッグフードの食べこぼしもストレスなく吸い取れると
大人気となっています。

 

 

 

確かに、DC62の口コミ評価の中には
猫のトイレに使う猫砂が吸い込めないなんて投稿もチラホラと見受けられており
そんなユーザーの指摘に対して改善を行ったダイソン社には頭が下がります。

 

しかし、管理人的には吸引性能や充電性能と言う掃除機本体の基本的な部分で何の進化もされていないDC74には
それほどの魅力は感じられないのです・・・

 

 

唯一、管理人がDC74で進化した性能を評価するなら
ヘッド幅の改善ですかね。

 

DC62や他社のコードレススティッククリーナーは
どれをとってみてもヘッド幅のサイズがキャニスター型クリーナーと比べて狭いため
掃除する時間が長くなるのが不満に感じていました。

 

そのコードレススティッククリーナー持つ欠点をDC74新型ヘッドでは
幅をDC62比で約1.5倍ほど拡げられているので掃除時間の短縮と
負担を軽減してくれそうです。

 

 

 

 

この指摘に対してDC74では排気方向を改善しており、
直接持ち手に風が当たらないように工夫された点はGood Jobでした!!

 

 

 

 

 

一方で、最大の売りである新型ヘッドによる弊害も報告されているのは
ご存知でしたか!?

 

 

 

 

これは、DC74が持つ最大の欠点とも言えることで
掃除をする住宅環境によっては、使用に向かないケースも考えられるので注意が必要ですよ!!

 

 

 

 

ダイソンスティククリーナーDC74が持つ欠点とは?

DC74の欠点!!それはカーペットを掃除することです。

 

 

 

特に毛足の短い物で、最近便利さウケてお子様やペットを飼われているご家庭などで
特に重宝がられている
床に貼付けて使えて汚れたら洗濯機で洗えるという
類いのカーペット
です。

 

 

これはDC74の口コミでも問題視されていますし、
管理人が実際に実験した結果でも確認できた唯一の問題点と言えます。

 

 

 

 

 

ではいったいどのような問題があるのでしょうか!?

 

 

 

 

 

それが、新型ヘッドの素材が逆に弊害となって起きてしまう
摩擦抵抗により生じている考えられるヘッドの機動性低下です。

 

 

 

フェルト素材のヘッドとカーペットが接触した時に
掃除機を押したり引いたりする操作に相当の力を加えないと
なんとヘッドが動かないんですよ・・・

 

 

 

何度も試してみるのですが男の私でも大変に感じられるほどの抵抗があり
女性やお年寄りには相当な負担となるのではないでしょうか!?

 

 

 

 

もしかして、カーペットの毛足の方向が影響しているのかも?
と思い、あらゆる方向から試して見ましたが大きな違いは見られず
特にヘッドを押す時に引っ掛かりやすく、酷い時には管理人でも
引っ掛かりが強すぎて押せなくなる事も・・・

 

 

 

これはかなりのストレスとなると思われます。
カーペットを敷いたお部屋が多いお宅でDC74を使用には覚悟が必要ですよ!

 

 

 

 

使用する住宅環境でDC62の選択もあり!!

このような欠点を持つ新型ダイソンDC74ですが、
使われる方の住宅環境や家族構成によっては大変便利に感じるられるでしょう!

 

 

 

ですから、欠点を持っているからヤメテしまうとか
新型だから人気があるからイイだろう!
なんて主観だけで購入される掃除機を決める事だけは止めて下さい。

 

 

 

 

その製品が持つ特徴や欠点を理解した上で
実際にご自宅で使ってみた時を想像してメリットが大きいのか?
欠点が目立ってしまいそうなのか?
そんなシミュレーションをしっかりとして見て最終判断を行う事こそが
皆さんが満足度の高い最適な掃除機を手にする鍵となるでしょう。

 

 

 

ですから、管理人としましては
DC62とDC74を比較してどちらの性能が優れていると言う考えは持っていません。

 

言い換えればどちらもスティッククリーナーとして優れた製品であり、
他社の製品と比べてみても高レベルの掃除機だと言えます。

 

 

 

 

 

 

もし、管理人宅で今からダイソンのコードレス掃除機を
買うとすればDC62を迷わず選択するでしょう!

 

 

 

 

理由は、
新型の発売により価格が下がり購入しやすくなったのと
カーペットを敷いている部屋が多いので、コストパフォーマンスの高いDC62を選びますね!

 

 

関連ページ

ダイソンDC74モーターヘッド
ダイソンDC74MHの価格が値下がりをしました。 高値が続いていた状況から変化が現れ始めた今が、DC74コードレススティククリーナーを購入するのには良いタイミングだと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ダイソンスティック掃除機 東芝トルネオスティック掃除機 シャープスティック掃除機 エレクトロラックススティック掃除機